お金 人生 仕事 読書 雑学・知恵袋

人生を変える「お金の教養」はどうすれば身につくのか?

お金の不安から逃れられないまま暮らしてて・・・楽しいか?

前回の記事に書いた「税務調査依頼」をきっかけに、というわけではないんでしょうが、
同じようなタイミングで色々なことが起き、今更ながら人生とお金について考えさせられている管理人です。

「こんなことじゃいけない、もし自分の人生がこのまま終わるとしても、自分の子どもにはもっともっとお金について学ばせておかないと!」

という居ても立っても居られない思いに駆られ、とるものもとりあえず、お金に関する本を読んでみることにしました。

そして選んだ本の中の一冊が、

働く君に伝えたい「お金」の教養

『働く君に伝えたい「お金」の教養 人生を変える5つの特別講義』
(出口治明著ポプラ社刊)

帯には「20代の新しいお金づきあい入門」とあります・・・。

「おいおい、お前一体何歳なんだよ?」

今これを読んでいてそう思ったあなた、そのツッコミ、正解です。

ただし、お金に関する知識と教養に関して言えば、20代なんです、管理人。。

というわけで、今回は20代に戻ってお金について学び直したいと思います!


スポンサードリンク

「将来の不安」とは「お金の不安」

「人生、どうすれば楽しく自由に生きていけるか?」

そう考えたこと、ありますか?

この問いに対する管理人の答えは、

「すべての不安から解き放たれること」

この本の中では、

「将来の不安」=「お金の不安」

として、お金の教養について5つのテーマが取り上げられています。

人生を良くするために知っておくべき「お金の原理原則」

「お金の原理原則」を知るために学ぶ5つのテーマとは・・・

1.「知る」こと
2.「使う」こと
3.「貯める」こと
4.「殖やす」こと
5.「稼ぐ」こと

管理人なりに、心に響いた箇所を取り上げてみました。

1.では、経済についての歴史的な観察、現在の情報収集やその見極め、年金社会保障の実際、などが語られています。

不安になれば、まじめな人ほどなんとかしようと行動する。
そのまじめな人の行動の先には、必ず「儲かる人」がいる。

2. では、お金の大原則としての「財産三分法」、お金を使うときのルール、マイホーム神話借金について、専業主婦文化、などが。

お金の使い方を考えることは、自分が何を正しいと思い何を大切にし、どんな人間になりたいかを自問自答すること。

3. では、貯蓄保険親の介護相続についてが語られています。

どんなに優秀なファイナンシャルプランナーをもってしても、退職後、ひとりひとりにどれくらいのお金が必要になるかはわからない。

4. では、自分への投資金融商品への投資が。

恐怖心から投資を避け、1の価値を1のまま享受し続けるほうが、むしろリスク。

5.では、仕事についてと政治(選挙)についてのことが語られています。

60代になったとしても、「自分の仕事が天職かどうか」なんて誰にもわからない。

『働く君に伝えたい「お金」の教養 人生を変える5つの特別講義』(出口治明著ポプラ社刊)より引用。

スポンサードリンク

お金は人生に不可欠なもので、使い方もかなり重要

「お金というものは力であり、自由であり、心痛を和らげるクッションであり、また、あらゆる悪の根元でもあるが、一方、最大の幸福にもなるのである。」
カール・サンドバーグ(アメリカの詩人・作家)

人生における不安の全てがお金で無くなるも思いませんが、そのかなりがお金がらみであることもまたたしかですよね?

つくづく、「こういうことこそ子どもの頃から学校で教えるべき」だと思う。

お金は、“価値を具現したモノ”で、それをどう扱うべきは学校できちんと教えるべきものなんだから・・・。

というわけで、今回は

人生を変える「お金の教養」はどうすれば身につくのか?

について考えてみました。

それでは、au revoir !!

 


スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

-お金, 人生, 仕事, 読書, 雑学・知恵袋