イベント 人生 雑学・知恵袋

引越しの見積もりより高くつくのは不用品処分が原因だった!?

意外と知らない引越し見積もりの落とし穴!?

春は、入学・入社に転勤と、人の移動が多くなる季節。

人の移動につきものの引越しも、年明けから年度末にかけてピークを迎えます。

仕方のないこととは言え、引越しにはそれなりにまとまった金額が必要になりますよね?

最近では、インターネットを使って複数の引越し業者の一括見積もりができるサイトなどもたくさんあって、昔に比べたらかなり便利にはなっていて、
部屋数引越し先までの距離建物の階数エレベーターの有無など、必要事項を入れればあっという間に大まかな見積もり必要経費が計算できます。

もちろん、引越し支度用のダンボール箱や荷造りテープなどのサービスも事前に確認が可能。

ところが、いざ引越しを終えてみると・・・結局、当初の見積もり予算をオーバーしがちなのも引越しにありがちなパターンです。
(管理人も、自分ではそこまで大雑把ではないと思っているにも関わらず、これまでの引越しを考えると、だいたい予算オーバーのケースがほとんどです。)

そういう時に、後で冷静に考えてみると、意外と盲点なのが不用品の処分の仕方なんですね。

というわけで、今回は

「引越しの見積もりより高くつくのは不用品処分が原因だった!?」

について書いてみました。


スポンサードリンク

持っていく?それとも持っていかない?

引越しの一番のキモは不用品(引越し先に持っていかないもの)を早めに見極めることと、引越し直前になって出る不用品の処分をどうするかの2点です。

不用品の処分の仕方としては

  • 友人・知人にあげる
  • ネット・オークション等で売る
  • 不用品として処分する(区や市のシステムを利用or業者に依頼)
  • 買取業者に査定してもらう

のような方法が考えられます。

 「友人・知人にあげる」場合や、「ネット・オークション等で売る」場合には、連絡や物の配送等、自分でやらなければいけないことが多く、時間と労力が必要なぶん、出費は控えることができます。

一方、「不用品として処分する」場合、公共のシステムを利用すればかなり安く処分はできますが、手続きが面倒なことが多く時間もかかりますから、よほど計画的に進めないと、引越し直前になってバタバタすることになります。反対に、業者に依頼する場合には、手間や時間はあまり必要ありませんが、かなり出費がかさみます

「買取業者に査定してもらう」場合、引越し業者の見積もり(査定)と不用品買取業者の見積もり(査定)を別々にやる必要が出て、予定の調整やそれぞれの見積もりとにらめっこしながらの予算管理が必要となって、精神的にもかなり負担が大きくなります。

ある時期から、引越し業者が不用品の回収も行うようになりましたが、正直かなり割高です。

とは言え、引越し直前(場合によっては引越し当日)になって、不用品の処分の仕方に頭を抱え、結局は面倒臭くなって引越し業者に処分を任せ、終わってみれば当初の予算をかなり上回る引越し費用の請求書を受け取る、という人が少なくないようです。
(実際、管理人もそのパターンでした。)

スポンサードリンク

人間、面倒なことは避けたいし、誰かにやってもらいたい。

そういうものです。業者の方もそれがちゃんとわかっているんですね、だから引越し費用(見積もり)は安くても、不用品回収に関しては多少高くても強気の価格設定ができるというわけです。

ところが、最近では買取業者が引越しも請け負うという逆パターンも出てきてるんですね。
(関東を中心に不用品の買取りで有名なトレジャーファクトリーがやってるトレファク引越なんかが代表的な例です。)

考えてみれば、確かに

荷物を運ぶこと自体はすでにやっている(出張査定&買取)わけですし、不用品の処分もノウハウにある。

その上、買い取った場合はもちろん、処分前提の不用品だって、メインテナンスをして商品として蘇らせることだってお手の物なわけですから、引越しと不用品買取をセットにして価格をおさえられる・・・これ、とっても賢い選択ですね、引越しを頼む方も頼まれる方も。

頼む方にしてみれば、引越しで出る不用品を買い取ってもらえれば、これはラッキー。

しかも、引越しと不用品の見積もりが一度に済むし、直前まで不用品として処分するかそのまま持っていくかを迷っていられるわけです。

もし、不用品を買い取ってもらえれば、引越し費用の一部がそれでまかなえて、場合によってはかなりの節約にもなります。

たかが引越し、されど引越し

引越し前後って、住民票の移動から、電気・ガス・水道・電話・銀行と、やらなきゃいけない手続きが山のようにあって、とにかく猫の手も借りたいほど。

そんな状況で、引越しをしなきゃいけないとなると、事前にちゃんと準備していたつもりでも、直前や当日になって「あ、そうだった!」なんてこともやっぱり出てきます。

ましてや、生活している以上、毎日使う冷蔵庫や洗濯機などなど・・・そんなに前もって荷造りできるものではありません。

となれば、いくら引越し費用を綿密に計算したとしても、肝心のについて「いつまで使うか?」「いつ荷造りできるか?」「もっていくか?」「捨ててしまうか?」「買い取ってもらえるか?」を考えておかないことには、出費をうまくおさえられなくて当然です。

というわけで、今回は

「引越しの見積もりより高くつくのは不用品処分が原因だった!?」

について書いてみました。

参考にして下さいね!


スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-イベント, 人生, 雑学・知恵袋
-, , , , , , , ,