イベント 雑学・知恵袋

初詣はいつまでに行くべき?松の内って・・・なに?

2016/10/07

お正月と言えば、初詣!ですよね?

あなたは、毎年初詣に行ってますか?
管理人はほとんど毎年、どこかしらお参りに行ってます。

%e9%b3%a5%e5%b1%85

でも、気が付くと三が日過ぎてしまってることもたまにあり、

「もしかしてこれだとご利益ないのでは…?」

なんて不安になることも。。。

そこで、「初詣って、普通いつまでに行くもの?」と友人に訊いてみました。

そしたら、「普通、松の内まででしょ。」との答えが。

松の内?なにそれ???幕の内じゃなくて…???

…といわけで、今回は

「初詣はいつまでに行くべき?松の内って…なに?」

について調べてみました。


スポンサードリンク

まず最初に初詣についての解説から。

初詣というのは、元々“年籠り”という風習が変化して生まれたもの。

一家の家長が、大晦日の夜から元旦の朝にかけて氏神の杜に籠って、
「平穏に新年を暮らせるように」と祈願していたのが始まりです。

それが時代とともに、大晦日の夜に詣でる
除夜詣(じょやもうで=除夜の鐘をつくやつですね)
新年元旦の朝に詣でる元旦詣(がんたんもうで)に変わってきたというわけです。

ちなみにこの元旦詣、
江戸時代末頃までは毎年違う方位にある神社・仏閣に参拝してたんだとか

これは、歳徳神(としとくじん)という神様(=その年の金運や幸せを司る神様)のいる場所が毎年変わるということが理由。

その神様の居る場所(方位)を“恵方”と言います。(節分に食べる、あの恵方巻の“恵方”です。)

だから、毎年方角が変わるんですねぇー。

「何をするにも恵方の方角に向かってすると良い、たたりが来ない。」なんて言われていたわけです。

%e3%81%8a%e5%ae%88%e3%82%8a

さてさて、肝心の「初詣はいつまでに行くべき?」ですが、「初詣は松の内に行く」というのが一般的です。

じゃあ、「松の内って…なに?」「いつが松の内なの?」ですが、
一般的(地域によって異なりますが、特に関東では)には1月7日までが松の内です

7日の朝に七草粥を食べて、門松を仕舞い、しめ縄を外す、というのが伝統的な日本のお正月なんですね。

そう言えば、年賀状から寒中見舞いに変わるのも、同じタイミングですね。

 

ここでまとめてみると、

「初詣は松の内(1月7日)までに行くべき」

という結論に達したわけです。

スポンサードリンク

さて、いつまでに行けばいいかがわかったところで、

「恵方の方角が良いんなら、じゃあ果たして今までの初詣は近所の神社で良かったのか!?」

という疑問が湧いてきます。

結論から言うと、本来は氏神様(同じ地域に住む人々が共同で祀る神様。鎮守も同じような意味)か、またはその年の恵方にお参りするものでしたが、今はそれとは関係なくお参りに行くのが一般的になってるのです。

なので近所の神社でもOK。

 

ただし、こだわりを持ってる人は、場所や人気で選んだり、願い事とご利益が一致するところへお参りしたりするようです。

この辺の日本人のフレキシビリティー(柔軟性・融通性)、素晴らしいですね。(笑)

参考までに神社の名前とご利益の関係も調べてみました。

神宮…平和、国家安泰、家内安全など万事

八幡…必勝祈願、安産祈願、厄除け、長寿など

天満…合格祈願、学業成就など

稲荷…商売繁盛、豊作祈願など

以上、「初詣はいつまでに行くべき?松の内って・・・なに?」について書いてみました。

これをヒントにして、自分の願い事が叶いそうな神社を方角まで含めて見つけ、そこに松の内の間に初詣すれば…

完璧な初詣になりそうですね!


スポンサードリンク

-イベント, 雑学・知恵袋
-