イベント 英語 雑学・知恵袋

お彼岸を英語で説明するにはどう表現すればいい?

“What is OHIGAN?” こう質問されて、あなた英語で答えられますか?”

海外からの旅行者も増え、街の至るところで中国語をはじめ、韓国語、スペイン語、タガログ語・・・とにかく多種多様な国の言葉が飛び交っていますね。

一時期ニュースになっていた、中国からの観光客による爆買いはやや下降気味になってるようです。

その一方で、ヨーロッパからの観光客は日本でいろんなことを体験することに興味が向いているなんて記事も出てました。

例えば、「目的地までの電車の切符を買う」なんていうような、普段自分の住む国、街であればなんてことのないごく普通の行動も、
海外でやるとなれば小さな冒険です。

人の興味は

「何を買うか?」より「何をするか?」

に確実に移行している、ということですよね。

先日も、海外の知人に訊かれて言葉に詰まったのが、

【お彼岸】

いざ、英語で説明しようとすると、何をどう表現すればいいのか、さっぱりわかりませんでした。

じゃあ、日本語ならスラスラ説明できるのかと言われれば、それはそれで言葉に詰まるのですが・・・。

というわけで、今日は

「お彼岸を英語で説明するにはどう表現すればいい?」

について書いてみます!


スポンサードリンク

“知ってるつもり”の【お彼岸】

「暑さ寒さも彼岸まで」

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますよね?これを英語で言うと、

“Summer heat or Winter cold doesn't last after the equinox. ”
(※equinoxは、昼と夜の長さがほぼ等しくなること)

日本の「春分」「秋分」を指します。

(ちなみに「春分」は、Spring equinox day「秋分」は、Autumnal equinox day

つまり、お彼岸は春と秋の2回あるんですね。

春分の日、秋分の日、それぞれを中日として、前後3日の計7日間を“彼岸”と呼びます。

“OHIGAN is the week surrounding the Spring equinox day or Autumnal  equinox day.”

※お彼岸の基準になる「春分」「秋分」は、国立天文台が作成する「暦象年表(れきしょうねんぴょう)」に基づいて閣議によって決められ、毎年2月1日付けで翌年の該当日が発表されます。
※国民の祝日なので官報にも掲載されます。

【彼岸】というのは、元々は仏教の用語で、悟りに至るために越えるべき迷いや煩悩を川に例え、
「その向こう岸(=彼岸)に涅槃(=悟り)がある」という意味。

“OHIGAN is the Buddhist word. It means the world of enlightenment.”

 

仏教では、

お彼岸の時期にお墓詣りをして、ご先祖さまを供養することで「極楽浄土に行ける」

と信じられているんですね。

“During OHIGAN, families visit the graves of relatives, and hold memorial service for their ancestors.”
“It is believed that people will be able to go to the land of Perfect Bliss by holding memorial service for their ancestors. ”

 

スポンサードリンク

「お彼岸と言えばおはぎ。あれ!?ぼた餅とは何が違うの???」

おはぎを言葉で説明すると、

「もち米で作られていて、それをあんこで包んだ和菓子」

って感じでしょうか。

“OHAGHI is a Traditional Japanese sweet.”
“It is a sticky rice ball covered by red bean paste.”

(※小豆のことをred beanと呼ぶので、あんこはred bean paste)

ちなみに、

小豆でできたあんこは、不幸を防ぐと信じられているそうな。

だから、お彼岸の時に仏様にお供えするんですね。

“OHAGHI offered to the ancestors, because it is believed that red bean paste (We call it ANKO) to be able to shut out unhappiness.”

そして、

秋にはおはぎと呼ばれるものが、春にはぼた餅と呼ばれています。

“We call it OHAGHI in the OHIGAN surrounding the Autumnal  equinox day, but we also call it BOTAMOCHI surrounding the Spring equinox day.”

これ、実は

秋は”萩”、春は“牡丹”にちなんで名付けられた

ものだったんです。

“OHAGHI is named after the Japanese bush clover.”
“It is called HAGHI in Japanese.”

“Also, BOTAMOCHI is named after the tree peony. ”
“It is called BOTAN in Japanese.”

今年もお彼岸がやってきます

「お彼岸を英語で説明するにはどう表現すればいい?」

いかがでしたか?

自分が生まれ育って暮らす国や街に関することって、

「知っているようで意外と知らない、わかっているようでいてその実、案外わかっていない。」

ことも多いものですよね?

今回の記事が参考になれば嬉しいです。

それでは、au revoir !!


スポンサードリンク

-イベント, 英語, 雑学・知恵袋
-, , , , , , , , , , ,